Enjoyクリスマス

クリスマスツリーはドイツが始めた

クリスマスツリーはドイツでの習慣に由来します。10月の最終日曜日にドイツでは時計の針が1時間巻き戻されます。夏時間から冬時間に切り替わるので、1日が短くなりクリスマスや準備期間であるアドヴェントが近づいていることを意識します。12月25日に向かって4週間アドヴェントが設けられ、ドイツ人にとって非常に大切な期間です。アドヴェントの中にはツリーの装飾も含まれています。ツリーに関して記述がある最も古い文献は1605年に書かれたもので、当時ドイツが統治していたエルザス地方のシュトラースブルクの家庭が発祥です。その文献にはクリスマスの時期にモミの木やりんご、金箔などで飾り付けをしたと書かれています。最初はプロテスタント教徒の間で飾りつけを行っていましたが、その後敬虔なカトリック教徒や教会でも導入されました。アメリカにはドイツ人移民がもたらしました。ドイツ人が好んで飾るのは、葉っぱが落ちにくいノルトマンモミです。15年前は青トウヒが人気でしたが、現在はノルトマンモミが全体の75%を占めており、今後も需要が高まるとされます。木製のオーナメントのほとんどが、頭部にあるエルツ山地方の職人が作ったものです。

クリスマスをよりロマンティックにする方法

毎年12月の終盤、皆がワクワクする日があります。
そう、12月25日のクリスマスです。
恋人がいる人は甘い雰囲気を味わい、子供はサンタクロースからのプレゼントを待ち望んでいます。
中にはもしかしたらクリスマスなんてなくていいのに、という方がいるかもしれませんが。
いずれにせよ、みんなが毎年の一大イベントと認識していることは間違いないでしょう。
当然その日はロマンティックなムードに浸りますが、ちょっと引いて考えてみましょう。
なぜクリスマスというだけで、あんなにロマンティックに感じることができるのか、そしてよりロマンティックに見せる方法は何か、ということを考えてみましょう。
ロマンティックなムードの理由としては、何よりもその街の景色でしょう。
人はキラキラしたものに惹かれ、特に夜になって他の要素が消えた時にその存在感は際立ちます。
すなわち光ってもともときれいなものを、よりきれいに見せるという効果が施されているのです。
そしてその雰囲気が人をドキドキと胸高ぶらせるものになるのです。
そのドキドキ感が、物そして人をより魅力的にさせてくれます。
これを考えるとよりロマンティックなものにするには、何よりも人をその興奮状態に誘うことが重要になります。
闇や高さなど人が恐れを感じるような要素を取り入れることは一つです。
そうすると、もともときれいなものをよりきれいに見えたりする相乗的な効果が得られます。
そうすればあなたの思いも届く可能性が高まります。
次のクリスマスには是非生かしてみてはどうでしょうか。

check

あなたの会社設立の夢、全力でサポートします。

神戸 税理士

ED治療薬のスピード処方。

新宿で勃起薬のご相談なら

費用を抑えることのできる電子定款の作成

電子定款を作成する

東京でのエコカラット・インテリアに関してはお任せ下さい

エコカラット 東京

丁寧でレベルの高い施術、お客様を第一に考えた接客を心がけております

渋谷 マッサージ

2017/6/9 更新