Enjoyクリスマス

クリスマスツリーは案外ホコリを被っている

クリスマスツリーは場所によってはハロウィンが終わったら出す事がある程、長期間飾られる事も少なくありません。
勿論定期的にきれいにする必要はありますが、案外ホコリを被っていて汚れている事もあります。
そのまま収納してしまうと汚れたままになってしまうのであまり良くありません。
収納する時は汚れが溜まっていないかと言う事を気にしながら片付けましょう。
またもう一つは部屋の換気をしながら片付けるという事です。
冬場はどうしても換気をする事自体が少なくなってしまいがちですが、1ヶ月以上飾っていたクリスマスツリーには思っている以上にホコリ付着しており、それを分解すると部屋中にホコリが舞い散ってしまう事も少なくありません。
出来るだけ換気をしながら後片付けをすると、部屋の中の空気が汚くなってしまうという心配もなくなります。
また、その時は掃除機をうまく活用すると、クリスマスツリーや床にあるホコリを吸いながら片付けが出来るのでとても便利です。

クリスマスツリーのいろいろ

クリスマスといえば、誰もが思い浮かべるであろうものがクリスマスツリーです。もともとは知恵の樹の象徴とされており、スターやリンゴ、キャンディケイン、ろうそく、リボン、ベルなど、様々なオーナメントで派手に飾り付けられ、それらのうちのいくつかはキリスト教に由来しているものもあります。ツリーに使用される木は常緑の針葉樹の幼木が用いられることが多く、最も生産本数が多いオレゴン州だけで年間700万本を超える流通量があります。最近では大量の木を使用するため、環境問題のひとつとして問題視されることもあり、使用した木を再び植樹するなどの環境対策がとられています。北米やヨーロッパで使用される木はそれぞれ異なっており、童話などにも登場することがあります。日本では、家庭用の小さいクリスマスツリーなども人気があり、木ではなくプラスチックのツリーを使用することも多いです。プラスチックなら毎年使用することができるのです。

おすすめWEBサイト 5選

成田空港にある駐車場

最終更新日:2017/6/9